少し高いけどメリットも大きい!インプラントの仕組み


注目を集めたインプラント

歯科技術も大きく進歩し、近年ではインプラントが注目を集めるようになりました。インプラントは直訳すると「植え込む」ことを指し、人工歯根を埋め込むことで非常に丈夫に仕上がります。しかし世間ではまだ、差し歯やブリッジのほうが主流となっています。インプラントならもっと丈夫に仕上がるのになぜ一気に普及しないのでしょうか?理由の一つには金銭的な問題があります。相場は30~40万円となっており、一般的な差し歯などに比べてかかる費用が高いのです。

インプラントは保険適用だけど条件も

虫歯によって歯の体積が大きく減った時、人口の歯を被せたりして対処します。人口の歯をオリジナルで作るわけですので、費用もそれなりに上がりますが保険によって治療が受けやすくなってます。インプラントも2012年より保険適用となりましたが、歯を失った理由や通う歯科医院によっては適用から外れる場合があります。単純な虫歯で歯を失った場合、保険無しで治療を受けることになるので、よほど金銭に余裕がある人でないと選択しにくいのが実情です。

健康な歯を傷付けないインプラント

インプラントは治療時こそ費用はかかりますが、長期的に見るとそれに見合った価値も感じられてきます。例えばブリッジは隣の健康な歯ごと、人工の歯を被せるものです。ものを問題無く噛めるようになりますが、隣の歯と負荷を分け合っている状態なのです。その点インプラントは歯根から作り変えるので、隣の歯の力を借りずに噛む力自体もさらに向上します。どちらにもそれぞれ強みがあるので一概には言えませんが、状況次第ではインプラントは大きな価値を与えてくれる治療法となります。

歯は一生使う大切なものです。口コミなどをチェックして、杉並区で行うインプラントで信頼のおける歯科医を探すことができます。