ほくろ除去ってできるの!?アフターケアに気をつけて!


そもそもほくろって何?

ほくろは黒色をした班点のことであり、皮膚があるところにできます。紫外線を浴びすぎてできたりしますので、誰にでもほくろはできます。

ほくろを除去することはできるのか

人それぞれですが、ほくろがコンプレックスになっている人はいます。そのような人たちは、これからずっとコンプレックスがあるまま人生を送っていかなければならないのでしょうか。しかし、そんなことはありません。ほくろは除去することができます。

除去の方法と治療料金

では、どうやって除去していくのかを説明していきます。方法としては大きく2つ挙げられます。病院でほくろを切除するか、レーザーで取っていく方法です。病院は、美容皮膚科・整形外科などで取ることができます。料金はレーザーの場合は1万円前後であり、切除の場合は3000円~5000円程度になります。

除去後のアフターケアはどうするの?

切除の場合は取り除いた後に縫合をするため傷が目立ちません。
レーザーで除去を行った場合は、1週間~2週間程度は軟膏を塗り、保護テープを付けます。その後は新しい皮膚ができるまであまり触らずに待ちます。外に出る場合は日焼け止めを塗ることが必須です。

ほくろ除去のメリットとデメリット

ほくろ除去のメリットは、コンプレックスを解消できることにあります。1つなくなるだけで印象が変わります。また、切除の場合に限りますが、ほくろの組織ごと取ることが可能なので再発することはありません。デメリットは、レーザー治療の場合は紫外線を浴びることで再発の可能性があることです。そのため、治療後に休みが取れる時にすることが大切です。

頑固な毛穴の黒ずみや詰まりなどをしっかり改善するには、皮膚科で毛穴治療を受けるという選択肢もあります。