どんな違いがある?医療レーザー脱毛機器3選


日本に最初に入ってきたアレキサンドライトレーザー

日本に最も早く導入され、また最も多く普及しているのがアレキサンドライトレーザーです。アレキサンドライトという宝石が使われており、メラニン色素に反応するので脱毛だけではなくシミの除去にも用いられています。一方で日焼けしている方だと施術を受けられない場合もあります。照射直後にガスを噴射して冷却するため、冷却ジェルを使う必要が無いのもアレキサンドライトレーザーの特徴の一つです。日本の厚労省にあたる米国食品医薬品局の認可を受けているため、安全性も高いです。

産毛の脱毛に適したダイオードレーザー

ダイオードレーザーもアレキサンドライトレーザーと同じく米国食品医薬品局の許可を受けたレーザー脱毛機器です。半導体が用いられており、低出力のレーザーを連続で照射する「蓄熱式」と、出力の高いレーザーを単発で照射する「ショット式」の2種類が存在します。即効性が高いのはショット式ですが、蓄熱式の方が痛みは少ないです。毛包内に存在し毛の成長を促しているバルジ領域に作用するため、白髪や産毛の脱毛に適しているのが特徴です。

肌の奥まで届くYAGレーザー

YAGレーザーはメラニン色素に反応するという点はアレキサンドライトレーザーと同じですが、より波長が長く肌の奥までレーザーを照射できるのが最大の特徴です。そのため、VIOラインや脇毛、男性の胸毛などの脱毛に用いられます。一方で他のレーザー脱毛機器と比べると施術時の痛みが強いです。痛みがあっても短期間で脱毛を完了したい方や、全身をくまなく脱毛したい方に適していると言えるでしょう。

医療レーザー脱毛は、発毛に関連する毛母細胞や毛乳頭にダメージを加えることで、半永久的な効果を期待できる方法として全国的に普及しています。