脂肪溶解注射は傷跡が残らず、内出血も少ないのが特徴


脂肪溶解注射は脂肪吸引よりも体に負担が少ない

太ももや二の腕、お腹などの贅肉が気になっている人は、美容外科のクリニックで痩身の施術を希望している人も多いです。従来の脂肪吸引は、メスを使って切開をする必要があるため、抵抗を感じている人が少なくありません。脂肪溶解注射は体や顔の気になる部分に、専用の薬剤を注射器で注入することで、脂肪を溶解、分解する働きがあります。薬剤は脂肪と一緒に、尿や便と一緒に体外に排出されるため、体内に蓄積する心配はありません。施術を受けた直後は皮膚に赤みが出ることもありますが、数日を経過すると目立たなくなります。脂肪溶解注射は大切な神経や血管を傷つけず、内出血も少ないのが特徴です。体に負担が少ないため、幅広い年代に人気があります。

脂肪溶解注射は入院の必要がない

自己流のダイエットでは、体重を減らすことが出来ても、部分痩せが難しいケースがほとんどです。美容外科のクリニックでは、脂肪溶解注射による切らない痩身の施術を提案しています。従来の脂肪吸引は、全身麻酔を行う必要があるため、入院の必要がありますし、定期的に通院をしなければなりません。脂肪溶解注射は短時間で施術が終わるため、入院の必要がなく、翌日から軽い程度の家事や仕事はこなせるのが特徴です。脂肪溶解注射は切開をしないため、傷跡が残る心配もありません。体の贅肉が気になる部分だけでなく、頬や顎などの贅肉が気になっている人には、顔痩せ効果も期待できます。経験豊富な医療スタッフが在籍をしている、美容外科のクリニックがお勧めです。

脂肪溶解の治療は余分な脂肪が溜まった腕や足に行うケースもあります。薬剤を注入して柔らかくした脂肪を吸い取るのが治療の流れですが、体質や脂肪の量を考慮して治療方法を選ぶのが安全性を保つための条件です。